建物賃貸借契約書

問合せ

賃貸借契約書の例、サンプル(ひな形)

賃貸借契約書

貸主:○○○○(以下、甲という。)と借主:□□□□(以下、乙という。)は、次のとおり賃貸借契約を締結する。

  • 第1条 甲は、甲の所有する次の不動産(以下、本物件という。)を乙に賃貸し、乙はこれを賃借する。
    所在場所:△△△△△△△△△△△△
    種  類:◎◎◎◎◎
    床 面 積:1階の以下の部分100.00㎡
    ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
  • 第2条 本物件の賃貸借の期間は、平成XX年XX月XX日から10年間とする。
  • 第3条 本物件の賃料は、月額金10万円(消費税込)也とし、乙は毎月末日迄にその翌月分を甲の指定した口座に振り込みにて支払うものとする。ただし、賃料は経済事情の変動、公租公課の増額、近隣賃料との比較等により不相当となったとき、甲は相当賃料の増額を請求することができるものとする。
  • 第4条 乙は、本物件を◎◎◎◎◎として使用し、他の用途に使用しないものとする。
  • 第5条 乙は、次の場合には、事前に甲の書面による承諾を受けなければならない。
    (1) 建物の模様替え又は造作その他の工作をするとき。
    (2) 賃借権の譲渡若しくは転貸又はこれらに準ずる行為をするとき。
  • 第6条 本物件の部分的な小修繕は、乙が費用を負担してみずから行うものとする。
  • 第7条 乙は、乙(その使用人等を含む)の責に帰すべき事由によって本物件を破損または滅失したとき、その損害を賠償するものとする。
  • 第8条 甲は本物件に関する公租公課を負担し、乙は電気、水道、ガス等の使用料を負担する。
  • 第9条 乙は、本物件の明渡しに際し、自己の所有又は保管する物件を全部撤去し、もし甲の承諾なしに造作加工したものがあれば全てこれを原状に復した上で、甲の立会を求め、本物件の引渡しをするものとする。
  • 第10条 本契約に関する紛争については甲の居住地の裁判所を第1審の管轄裁判所とする。

平成XX年  月  日

貸主:甲   ▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

○○○○  ㊞

借主:乙   ▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

□□□□
**長  ○○○○
特別代理人  ####  ㊞

町田・高橋行政書士事務所の建物賃貸借契約書作成サポート

サポート内容

以下、柔軟に対応いたします。

  • ご依頼者側の案作成まで
    基本的なサービス範囲は、ご依頼者の契約書案作成までになります。Wordファイルをお渡ししますので、あとは状況に対応して自由に変更していただくことが可能です。
  • 相手との合意まで
    相手と合意するまで、契約案の変更を行うことも可能です。
  • 契約書の作成、押印まで
    契約書を袋綴じなどで作成し、印紙の貼付、当事者への郵送、押印までサポートすることもできます。
  • 契約書の公正証書化まで
    契約書を公証役場で公正証書にするサポートもいたします。

納品物

  • Wordファイル及びPDFファイルをメールに添付

費用

  • 報酬
    5万円~
    消費税別
  • 実費
    特にありません。
  • お支払
    全額事前入金になります。

期間

内容にもよりますが、概ね1週間程度で作成可能です。

対応エリア

  • 町田市、多摩市、稲城市、狛江市、世田谷区、新宿区、渋谷区などの東京都
  • 相模原市、座間市、厚木市、大和市、綾瀬市、海老名市などの神奈川県
  • 全国対応、海外対応いたします。

問合せ